忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

黒シグでRTバトルやってみたよ!


チートカードの黒シグを使ってリアルタイムバトルに挑んでみました。

結果・・・
聖夜の魔法使いデッキを組んできたバカ野郎を倒せました。やったぜ!!




聖夜の魔法使いは回復タイプの回復値を1にするかわりに減った分の6倍の値を
攻撃力に加算するというハイリスク・ハイリターンな性能を持っています。

一般的に攻撃力の高いカードが1800~2200ぐらいですから、
それを3倍にしたって攻撃量は5400~6600です。

それに対してかいふくタイプは1300ぐらい回復力がありますから、
このカードを使えば攻撃力が7800プラスアルファになるわけで、
いかにこのカードが壊れ性能であるかがわかることでしょう。

通常のクエストでは事実上の回復なしの縛りプレイを強いられることになるので、
マルチでもあまり使われることがなく、ゲームバランスを保ってきたのですが、
RTバトルでは回復という概念が無に等しいのでチートカードとして大手を振っています。


正直、通常のデッキでは聖夜の魔法使いに勝てないので腹立たしい気持ちで
この限定カードを使ってくる古参プレイヤーを見つめていたのですが、
私もくろいシグというチートカードを手に入れたことで彼らに対抗できるようになりました。







まず、黒シグをリーダーにした後に緑と黄色の重装兵をメンバーに入れます。
重装兵は体力・攻撃力ともに高い優秀なカードなので、黒シグと組ませるにはピッタリです。


この時点で全員が攻撃力・体力が2.5倍になりますが、
ここでコンビネーションボーナスが発生するので結果的には攻撃力・体力が3倍になります。


攻撃力だけならば賢者やボスをリーダーにしたデッキのほうが上ですが、
こちらは体力が高いので1・2撃程度なら攻撃に耐えることが出来、グッドです。

基本的には相手の攻撃はダメージを相殺することで無効化するわけですが、
チートカードを使った相手との勝負では耐久力がないと勝つことができないんですよね。

黒シグならきちんと連鎖をこなしていけば
例えダメージを受けても次のターンで勝つチャンスが生まれます。

ダメージを受ける→即KOとならないのは結構大事な要素です。
重装兵や魚シリーズも即KOにはならない能力を持ちますが、
耐久力と同時に攻撃力まで高めてくれるのは黒シグや赤アミしかありません。





正直、安定して勝つには黒シグ、にゃんこのラフィーナ、
そして聖夜の魔法使いといったチートカードを使わざるをえないと思いますね。
(相手が、これらのチートカードを使って勝負を挑んでくることがしばしばある)


比較的容易に手に入るボスシリーズや無料で手に入る魔導学校シリーズも
結構強力で、特に魔導学校シリーズは意外と強いのですが、
さすがに聖夜の魔法使いには勝てません。


私は公平を期すために、黒シグや聖夜の魔法使いは禁止カードにすべきだと思うのですが、
運営は今のところ動こうとはしていませんね。

「結局、強いカードを持つものが勝つ」という
 最悪な状況になっていくのではと他人ごとながら不安になります。


今のところ経験値が最大4000もくれるということで
RTバトルも過疎化していませんが、そのうちマジで高ランクの人間しかいない
昨今のゲーセンみたいな状況になるのではないでしょうか。


・追記

 やっぱり、危惧したとおり、黒シグや赤アミ、聖夜の魔法使いなどの
 チートデッキで挑んでくる人が随分多いですね。

 向こうがチートデッキ使うからこちらも・・・となっているわけで、
 黒シグ・赤アミ・魔法使いを禁止カードにするようにしないと、
 記事にも書いたように強いカードを持つ奴が勝つことになってしまうと思います。

 私は聖夜の魔法使いの面を見ずにすむのであれば喜んで黒シグを封印しますよ。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R