忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

ソシャゲ崩壊?論5



確率アップや天井実装といった
運営側の一見、ユーザー視線の対応が
逆に課金必須のゲームに変わる原因になる。


毎月1~2万程度の課金で
レアカードが容易に入手可となったことが
かえって大半のユーザーの負担になっている。







今後は重課金でもなく微課金でもない
有課金者に支えられるようになるだろうが、

その作品のファンというよりは
単にレアカードを揃えて無双したいだけの
人間も少なからずいて


より活躍できる場が出来たならば
彼らはそちらに簡単に移ってしまう。



 

統計を読む限り、
アクティブユーザーは
確実に減り続けている。


結局、一部のゲームを除いて
ほとんどのソシャゲは椅子取りゲームに
失敗して勝手に自滅していく気がするし

実際に、FGOなどの一部のゲームを除けば
左うちわでいる運営など皆無に等しい。


次世代機が登場するまで
ソシャゲ市場は崩壊こそしないだろうが
規模は今よりも縮小して各運営は
客を呼び込むのに悩むのではないだろうか。





最終回です。

たぶん。


上に述べたように
ソシャゲがおかれた立場は厳しい
のですが

それでも
最近は状況を打破するための
工夫が各ゲームで見られていて

希望はわずかながらあるぞ
ということを書くつもり。






①10連無料ガチャの実施


バーゲンセールといえば
それまでですが、無料ガチャを
設けるゲームが増えてきました。









これ、利益が無いと出来ないと
思っていたのですが、そうでもないらしい。


利益がないはずのマイナーゲームでも
普通にやっています。








これが意外と当たるんですよね。


課金していないがゆえに
ガチャを多くは回せない


という無課金・微課金者のハンデが
ここで多少は消えるわけです。



おそらくグランブルーファンタジーが
はしりだと思いますが良い試みだと思います。





②周回の簡素化


私は収集イベントは
もう時代遅れの産物でとっとと
廃止したほうが良いのではと思いますが


その根拠の1つでもある
多忙な人ほど不利というものが

最近、一部アプリでは
解消されている気がするんですよね。





デレステで言えば
営業というものがあるのですが

(ぷよクエの農園みたいなものだと
 思えば良い)


キャラを設定して仕事をさせると
数時間後に勝手にポイントを稼いで
帰ってくるんですよね。


これが大変重要で
上手く利用すればライブをしなくても
1日のノルマが達成できるのです。


他のゲームでは
キャラにお仕事(特訓)をさせることで
経験値が勝手に貯まるというものもあり


戦闘をスキップさせたり
ライブをオートにしたりと

キャラの育成やイベントの走破が
前よりも楽になっているような気がします。




③かろうじてPS>課金


うちのギルメンには
☆7ぷよフェスカードを数枚持つ人間が
数名(7名)いるのですが







そういう人たちを差し置いて

自分がギルイベで
ポイントゲッターになっている

という純然たる事実があるわけで






任意のタイミングで
チャンスぷよをつくるとか

2色以上のデッキで
ほぼ同時にスキル発動可能状態に
もっていくといった

ぷよリストとしての
腕前が要求されるクエストが
まだ在るんですよね。


カードばかり持っていても仕方ない
といいますか。

まぁ、ガチ勢には遠く及ばないのだろうが
まだかろうじて、ぷよクエやスクフェスでは


プレイヤースキルでハンデを覆せるだけの
ゲームバランスを保っている気がします。







④ストーリーの重視


スクフェスが顕著ですが、
前よりもストーリーに力を入れる
ゲームがそこそこ増えてきました。


何度も言いますが、
安定した利益を得るには
ファンの獲得が不可避であり、


キャラの性格や背景の掘り下げを
頑張るようになったのは良い傾向だと思います。





デレステでも

さっき画像に乗せた
浜口あやめという
キャラクターの掘り下げが丁寧にされた
イベントが1月末(たぶん)にあって

普通に感心したというか

あのデレステが
これだけのストーリーを提供してきたのかと
驚きましたよ。

最近、若干あやしいけど
一時期のくそみてーなイラつく話からは
脱却しつつあるのではと期待しています。




ぷよクエでも普通に良いイベントがあったし。


こういうのに興味がない人のほうが
ガチ勢や廃課金野郎になってくれるので

運営も手っ取り早く
ストーリーを廃して

高性能カードを売りつけるという
ちょろい、もといぼろい商売をしましたが


こうやってストーリーを大事にして

少しずつ地道にファンを作るほうへと
変わっていけば良いのですけれどね。




ざっとこんな感じですか。

いろいろ書いたけれど
結局のところ

ユーザーが作る雰囲気が
とても重要だと思います。




ここ数日、アプリのUNOを
やっていたんですが


わずか3分間のゲームなのに
すっごい煽ってくるやつがいるんですよね。

他にもわざとカードを出すのを
遅くしてタイムアップを狙うせっこい
ヤツもいますし(てゆーかほぼ全員がそう)


こういう奴らとゲームしたくないな
と思って消しちゃいましたよ。




たくさん課金をする人が
嫌いなのではなくて


キャラやストーリーに興味のない人物が
課金で優位に立って俺つえープレイを
されるのが不愉快なのかなと。


私が敬愛するラブライバー、にゃももさんは
田舎の家1件買えるぐらいの課金をしていますが


彼は毎週ラブライブサンシャインの映画を
見に行くぐらいの熱心なファンですし

映画の感想も結構きちんとしていて
真面目に見ていないと書けないことを
書いているんですよね。




そういう人が10万以上かけて
自分の好きなキャラのURを
悲鳴を上げながら手に入れるのは
読んでいてもちっとも気にならない。



逆にガチャの結果と
イベントの順位のことしか書けない
ラブライバーは何となくイラつきますねぇ。


つーか、そういうのは
ラブライバーとは認めたくない。




やっぱり、作品やキャラクターが
好きな人にこそ神引きしてほしいし


そういう人にレアカードを使ってほしい


という感情があるわけで。


アンチ板や信者板のように
掲示板に少数の人間がたむろして

自分たちと意見を異なる人間を
締め出してあーでもねーこーでもねー
とぼそぼそ喋り合っているような雰囲気は

ちょっと苦手です。


大変、狭い輪っかのなかでだけ
盛り上がっているというか。




キャラや作品が好きなのではなく


神引きをしたり
レアカードでヒャッハーするのが
好きなだけの人たちが主な顧客層になったら

まぁ、そのゲームはおしまいだよな
と個人的には感じます。


FGOにせよアイマスにせよ
数年かけて丁寧にキャラクターを
育ててきたからこそ売れているのだと
そう信じたいです。





若干、論というより感想に近い
終わりになりましたが、これで
私の記事もおしまいです。



次回からは
新サイトで更新していこうと思います。


真面目な記事とか
文章が長い記事って敬遠されがちですけれど

これぐらいの活字が読めるだけの
知性が読者にはあるはずだと信じて続けてきた
この連載。


なんだかんだでPV数も増えまして
やっぱ、これぐらいの水準は読めるし
読みたいんだよと一人で勝手に納得しています。

時間がかかるので
たまにしかやらないと思いますが

機会があったら
またこういう企画を練っていきたいですね。



ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R