忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

お祝いアルルを手に入れました。

【予告】ぷよの日記念!ログインボーナス開催のお知らせ

本日から始まった特別ログインボーナスで「お祝いアルル」を頂きました。

このカードはシグのLスキルと
すずらんの下位互換(1ターンの間、攻撃力2倍)のスキルを持つもので、
マルチで他の人が使っているのを見る限り、なかなか使い勝手が良さそうです。


レベルを最大に上げると体力3331、攻撃力1760、回復力408になります。


ポイントは回復力ですね。攻撃タイプとしては結構高い。星座ガールズ並みにあります。
プラス合成して体力を上げれば、そのままマルチに投入できる感じですね。






もっとも、グレイスの☆6レベルMAX時のステータスが
体力2980、攻撃力1924、回復力302ですから鍛えるならグレイスのほうが良いかも。


持っていればの話ですが。



今月はログインボーナスでもらえる石の数が2個少ないのですが、
その分、特別ボーナスでいつもより8個多くもらえるようになっています。



今月末あるいは来月末のぷよフェスが怪しいですね。紫が来る予感大ですよ。
真・クルークが登場して紫の強みがそこそこ薄らいだので、
近いうちにチートカードが登場するはず・・・たぶん(汗)


緑も現在、最も弱い?(ロックなハーピーぐらいしか強いカードがない)ので、
どちらかが今月のぷよフェスに出てくると思います。緑ならパスですが紫なら・・・さて

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

戦乙女ダークアルルを評価する②

4582bce05bc4f400e29250ad252c400cb487ceca.png

前回の続きというか、補足です。
このカードをRTバトルで使うなら絶対にリーダーにしてはいけません。


RTバトルは1つのデッキにつき3枚しかカードを選べませんから、

仮にダークアルルをリーダーにすると、
全カードを青属性にしても攻撃力は2倍で打ち止めになります。


通常シグと同じぐらいと言えばそれまでですが、
よほど所持しているカードが少ないならともかく、
青デッキを作るなら、聖獣のセイリュウかボスのアコール先生を使ったほうが良いでしょう。










さらすようで何ですが、あまりにも非道いので、つい上げてしまいました。

右上のデッキでは青カードが1枚しかないのでダークアルルのLスキルが発動されていません。


つまり、ステータスは1倍のままです。変化なし。
加えて、コンビネーションボーナスも発生していないのもポイントですね。


これなら、まだ真夏のドラ子を先頭にしたほうがマシです。
(全ステータスが1.4倍になる)


なお、左下のデッキは黒シグ・旅の占い師フェーリ・ラフィーナで構成されており、
5色そろっている上に「魔導学校」のコンビネーションボーナスが発生しているので、
攻撃力と体力が3.6倍になっています。これでは戦う前から勝敗は明らか。



強いカードを手に入れると試したくなるのはわかるのですが、
もう少し考えないといけないのではないかと思います。












マルチでもクールなシェゾをリーダーに使っているのに
平気でダークアルルを使ってくる人が多いので、同色にしてと頼んでも変更しない時は
躊躇せず、部屋を壊しています。


一応、クールなシェゾや星座ガールズのLスキルはダークアルルにも効きますが、
基本的には同じ紫属性にしたほうが威力が上がりますし、異世界の旅人とは違い、
ダークアルルの超初代砲は本当に青属性のカードしか攻撃できないので、やめてほしいですね。


Pボールを作りたいなら仙女や賢者を入れる、それが出来ないなら別のカードにする。
これに限りますが、実行できない人が結構いて驚きますねぇ・・・(汗

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

戦乙女ダークアルルを評価する

4582bce05bc4f400e29250ad252c400cb487ceca.png
一言で言えば「物凄く微妙なカード」といったところ。
少なくともマルチには向いていません(※)。ソロ専用カードなのは間違いないです。


ギルイベで攻撃力特化で戦うならアリですが、
逆を言えば、ギルイベの時ぐらいにしか使わないカードといった感じですか。


とはいえ、特殊素材クエストの超激辛や王冠クエストの極辛などでは活躍の場があるので、
全く不要ではありません。黒シグとも相性が良いので、強いカードだとは思います。

また、黒シグ・にゃんこのアルルのような青のぷよフェスカードをお持ちでないならば、
当然の話ですが、主力のカードとして活用していけます。



(※)ゲストとして参加するのであれば、話は別。強化版アルルとして役に立つ。
   ただし、その場合は青単色パーティかどうかをチェックすること。

   多色の場合、最悪、スキルを発動しても自分しか攻撃しないことになるので。





黒シグをリーダー、ダークアルルをサポーターにして、
エニシ・剣士シグ・グレイス・ウンディーネでデッキを作りました。

ボーナスを抜きに計算すると、攻撃力8.75倍、体力6.9倍のデッキになっています。



これ、とても強いデッキであることには違いないんですが、これより上のデッキとして
クールなシェゾ with レガムントデッキ(攻撃力12倍、体力7.5倍)があるんですよね。


「物凄く微妙」と評価しているのは、そういう点が理由になっています。







黒シグの「アシッド」を発動し、攻撃力をさらに3倍にした上で、
ウンディーネの「かなしみの水」を発動、ダメージを2倍にしてから
戦乙女ダークアルルの超初代砲を撃ったのが上の画像です。

(なお、このさい、雅楽師のスキルでチャンスぷよを発生させ、大連鎖に成功しています)


一番攻撃力がないウンディーネでさえ100万、
ダークアルルは240万のダメージを敵に与えています。


かなしみの水が効いているので、実際には、このダメージは2倍になりますので、
まぁ、普段のクエストでは間違いなく、この超初代砲だけで敵を倒すことが可能でしょう。








もっとも、このデッキの真の攻撃は超初代砲を撃った後にあります。


グレイスのスキル「フィンブル」でダメージをUPさせてから、
剣士シグの「スタッグ・ビートル」を発動、ダメージを3倍にした状態で、
全てのPボールを消すようにして攻撃をしかけます。


実は、この攻撃を仕掛ける前に敵が全滅しているので正確に測ってはいないのですが、
恐らく、最終ダメージは1億を軽く超すのではないかと思います。


間違いなく、攻撃力だけで言えば、このデッキは最強デッキの1つとして数えて良いはずです。







弱点は、Pボールを全て消すのは至難の業だということ。



この問題を解決するには童話のスキルを利用するのが一番手っ取り早いと思います。
なお、黒シグのLスキルを思えば、天騎士のユーリか闇天使のパトリを入れるべきですが、
その場合、剣士シグ・グレイス・ウンディーネのどれか1つを外さなくてはいけません。


通常アルルを持っているな、アルル・ユーリ・ウンディーネで行けますが、
その場合、ダメージ6倍コンボが使えないデメリットが生じます。



また、初代砲では確実にPボールを全て消せるとは限りません。
それなりの博打技になるのは覚悟しておくと良いでしょう。



~訂正~

ユーリのスキル(通常攻撃強化)を活かすことを思えば、
剣士シグ・グレイス・ユーリがベストですね。
いずれにせよ、ダメージ6倍コンボは封印されます。







とはいえ、剣士シグを持っていないなら、迷わずユーリとアルルを入れるべきです。

~訂正~

ユーリ、グレイス、ウンディーネが良いでしょう。
このカードは全て通常攻撃を強化してくれるので(ウンディーネは初代砲も強化してくれる)






まぁ、天騎士のユーリ自体、剣士シグ以上に希少価値が高いカードなので、
攻撃力が増すタイプではないパトリを使うぐらいなら、4色になってもいいから、
剣士シグ・ウンディーネ・グレイスを使うべきですね。この辺は好みによりますが。





初代砲を主体に戦うか否か。状態異常攻撃が効く相手か否か。
このあたりで、選ぶカードは変わってきます。








5f409bf5ec4b70adc75bbffd5f9a63c0aca21b87.png

黒シグと能力は被りますが、星天のダビーは簡単に入手できるカードなので、
仮にウンディーネの状態異常攻撃が効かないとするならば、
剣士シグ(もしくはアルル)、ダビー、グレイス(もしくはアルル)が無難です。



初代砲が主体の場合は、ダークアルル・アルル・アルルで初代砲を3連発すると良いかと。
あるいは王冠アルルで回復値を高めるとか。この辺は戦略によりますね。











とまぁ、強いデッキにはなっているのですが、
将来的に状態異常「怯え」や「怒り」が使えるカードが紫で出て来た場合、
確実にクールなシェゾ with レガムントデッキのほうが圧倒的に強くなるでしょうね。




加えて、青カードが6枚ないと真価を発揮できないので、マルチには向きません。

とはいえ、青パーティで通常アルルと同じような感覚で使えば、
特に問題はないので、そこはあまり気にしなくても良いと思います。










①何だかんだで黒シグ最強
②もっと強いデッキは作れる
③マルチでリーダーカードにするには向いていない



これらの点に加えて、
④このカードの使い方が下手な人がウザ多すぎる

というのが戦乙女ダークアルルの印象を物凄く下げています。









ダビーの変身素材を集めるクエストに参加したんですけど、
リーダーの人が緑属性の攻撃力を強くする&緑属性のカードを毎ターン回復する
喫茶店のりんごを使っているのに、戦乙女ダークアルルを使ってくるんですよね。意味不明。

・追記
 なお、そのクエストでは「多色でクリア」というミッションもありませんでした。
 本当に無意味な行為だったんですよね。

・追記終わり


クールなシェゾを使って部屋を作った時にも、戦乙女ダークアルルを使われました。


先述したように、全ぷよを青ぷよにするスキルである以上、
紫カードには一切、恩恵がないんですよね。あえて言えばPボールですが、
何というか、純粋にPボールを作りたいなら賢者か仙女を出して来いよって言いたいです。








もっと謎なのが戦乙女アルルに対して、戦乙女ダークアルルを出してくるアホの存在。


いやいや、黄色の攻撃力や体力を上げるカードなんだよ?



実は、このクエストは
1P(戦アルル)、2P(クールなシェゾ)、3P(クルーク)、1P(ダークアルル)

戦乙女アルルをリーダーカードに指定したホストが
戦乙女ダークアルルをサブカードとして提示したというビックリクエストで、

私も最初はナルカミを提示して黄色デッキになるようにしたのですが、
3Pさんがクルークを選んだので、クールなシェゾを代わりに出したんですよね。

(これだと紫属性のカードが一応3枚揃ったことになる)


で、そのうち戦アルルが勝手に死んで、
代わりに私のクールなシェゾがリーダーになって敵を倒しました。

(攻撃力・体力3倍の紫デッキに変身したので、攻略が容易になった)


紫パーティでレガムントを出してくるのは間違っていないんですよ。
レガムントのスキルは紫属性のカードにも効きますからね。



けれども、Pボールを8個発生させるためだけに黄色や赤、緑パーティで
ホストのLスキルを無視してダークアルルを出す必要は全くありません。



ついでに言うと、ミッション1重視(全員4連鎖達成)と書いてあるのに
ミッションを無視して連鎖をせずに初代砲を撃ったりとか
ホストの指示を無視して戦う人がかなり多くて、私の中では司書官使い並みに印象悪いです。



一時期の赤アミ使いもこんなのばっかりでしたけど、
プレイヤーのマナーが悪すぎてカードの印象まで下げてますよね。良くないです、そういうの。





4582bce05bc4f400e29250ad252c400cb487ceca.png

以上、最後の方グチになっちゃいましたが、戦乙女ダークアルルの評価でした。



いやぁ・・・いろんな意味でマルチには使ってほしくないカードですね。
ソロなら凄く使えると思いますよ。特にギルドイベントでは。



・2017年1月15日追記

 改めて読み返すと、かなりディスってますね(汗)

 レガムントという攻撃力4倍カードが黄色にはありますが、
 ダメージを6倍にする神官エルフ・剣士シグがある以上、火力では青最強なんですよね。

 で、黒シグ以上に火力を上げる戦乙女ダークアルル。これをリーダー・サポーターにして
 エニシやユーリを入れた上でスキルを発動、超初代砲を撃った後にチャンスぷよを生成、
 2撃目の超初代砲を撃てば1億~3億ダメージに到達するみたいです。

 画像見せてもらったけど。だからまぁ、みんなが欲しがるのも無理ないのかもしれません。

 
 私は「紫使いは火力よりも連発力とバランスを求める」と考えていて、
 一撃は弱くても何度も繰り返して攻撃することで敵を倒す戦術を好んでいます。

 ヤナの毒攻撃やサキュバスのHP吸収攻撃はその典型的な例で、 
 これらの攻撃はダメージ自体はしょっぱいんですが、数ターン繰り返すことで
 着実に相手のHPを削っていきます。

 基本的にはクールなシェゾデッキもそんな感じです。
(クールなシェゾ・シグレ・フェーリ・シャンファ・チキータ)

 クールなシェゾのスキルを使ってHPを回復させながら
 フェーリとシャンファで威力を強化した通常攻撃を何度もたたき込む。そういうデッキです。


まぁ、私も青を使っていたころはダメージをどれだけ出せるかにこだわっていましたから、
やっぱり、その辺はどの属性を中心にデッキを作るかで価値観が変わるのかなと思います。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

考察:グレイス・デッキ(青の童話)


恐らく、ぷよクエキャラの中でも屈指の可愛さを誇ると思うグレイス。
赤のミヤビ、青のグレイス、緑のロコ、黄色のラフィーナ、紫のヤナといったところですか。


まぁ、それはともかく、このカードをリーダーにした上で
「ぼくのかんがえたさいきょうのでっき」を構築したので、紹介したいと思います。




参考画像① 童話のスキル発動時のダメージ

デッキの構成は、
「グレイス・ウンディーネ・剣士シグ・まぐろ君・エニシ」with 黒シグです。


グレイスのリーダースキルは
6枚全てを青属性のカードにすることで攻撃力が2.5倍になるというもの。

黒シグのリーダースキルは場に出るカードの属性の数が3だった場合、
全カードの攻撃力と体力が2倍になります(5なら3倍)


つまり、黒シグを選んだ上でグレイスをリーダーにすれば、
攻撃力5倍、体力2倍のデッキが完成します。


クエストの進め方は通常の単色デッキと同じで、
とにかく青ぷよを消して雅楽師のエニシのスキルを発動させます。

その後、グレイスのスキルを発動、
大量の青ぷよ落下→大量の青ぷよ消去のコンボで雑魚を一掃しましょう。


上の画像はグレイスのスキルを発動してチャンスぷよを消した時のものですが、
初代砲を撃った時と同じぐらいのダメージを敵に与えていますね。

バランスタイプが3枚もあるのでHPの回復量もなかなか。
ウンディーネ・剣士シグ・まぐろ君はスキルも優秀(特に剣士シグ)なので外せないかと。




参考画像② まぐろ君・グレイスのスキル発動&大連鎖成功


上の画像では、まぐろ君のスキルで攻撃力を3倍、つまり攻撃力15倍の状態にした上で
グレイスのスキルを発動させ、大連鎖を成功させた時のダメージが表示されています。


33万~76万のダメージをそれぞれが与えることになりますが、
ウンディーネのスキルと剣士シグのスキルを発動させると、ダメージが6倍になりますので、
実際には、198万~456万のダメージを与えることになります。


青属性が最強属性である最大の理由はウンディーネと剣士シグですね。
この2人に代わるキャラが他の属性にはいない。特に剣士シグ。

まぁ、ラミア、サラマンダー、ヴァハトなどウンディーネの代わりは、そこそこいますが、
剣士シグは唯一無二ですからね。同じ能力を持ったキャラがいない。






以上、グレイスを軸にしたデッキを紹介しました。
上の画像では赤アミを選びましたが、本気でやるなら黒シグのほうが良いでしょう。
(青単色デッキが完成するので)


ひとりでクエストはおろか、とことんクエストでも、上のデッキで戦っていけると思います。
試してみてね。
(剣士シグを持っていない人は仙女か賢者、まものを入れてみよう。)

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

黒シグでRTバトルやってみたよ!


チートカードの黒シグを使ってリアルタイムバトルに挑んでみました。

結果・・・
聖夜の魔法使いデッキを組んできたバカ野郎を倒せました。やったぜ!!




聖夜の魔法使いは回復タイプの回復値を1にするかわりに減った分の6倍の値を
攻撃力に加算するというハイリスク・ハイリターンな性能を持っています。

一般的に攻撃力の高いカードが1800~2200ぐらいですから、
それを3倍にしたって攻撃量は5400~6600です。

それに対してかいふくタイプは1300ぐらい回復力がありますから、
このカードを使えば攻撃力が7800プラスアルファになるわけで、
いかにこのカードが壊れ性能であるかがわかることでしょう。

通常のクエストでは事実上の回復なしの縛りプレイを強いられることになるので、
マルチでもあまり使われることがなく、ゲームバランスを保ってきたのですが、
RTバトルでは回復という概念が無に等しいのでチートカードとして大手を振っています。


正直、通常のデッキでは聖夜の魔法使いに勝てないので腹立たしい気持ちで
この限定カードを使ってくる古参プレイヤーを見つめていたのですが、
私もくろいシグというチートカードを手に入れたことで彼らに対抗できるようになりました。







まず、黒シグをリーダーにした後に緑と黄色の重装兵をメンバーに入れます。
重装兵は体力・攻撃力ともに高い優秀なカードなので、黒シグと組ませるにはピッタリです。


この時点で全員が攻撃力・体力が2.5倍になりますが、
ここでコンビネーションボーナスが発生するので結果的には攻撃力・体力が3倍になります。


攻撃力だけならば賢者やボスをリーダーにしたデッキのほうが上ですが、
こちらは体力が高いので1・2撃程度なら攻撃に耐えることが出来、グッドです。

基本的には相手の攻撃はダメージを相殺することで無効化するわけですが、
チートカードを使った相手との勝負では耐久力がないと勝つことができないんですよね。

黒シグならきちんと連鎖をこなしていけば
例えダメージを受けても次のターンで勝つチャンスが生まれます。

ダメージを受ける→即KOとならないのは結構大事な要素です。
重装兵や魚シリーズも即KOにはならない能力を持ちますが、
耐久力と同時に攻撃力まで高めてくれるのは黒シグや赤アミしかありません。





正直、安定して勝つには黒シグ、にゃんこのラフィーナ、
そして聖夜の魔法使いといったチートカードを使わざるをえないと思いますね。
(相手が、これらのチートカードを使って勝負を挑んでくることがしばしばある)


比較的容易に手に入るボスシリーズや無料で手に入る魔導学校シリーズも
結構強力で、特に魔導学校シリーズは意外と強いのですが、
さすがに聖夜の魔法使いには勝てません。


私は公平を期すために、黒シグや聖夜の魔法使いは禁止カードにすべきだと思うのですが、
運営は今のところ動こうとはしていませんね。

「結局、強いカードを持つものが勝つ」という
 最悪な状況になっていくのではと他人ごとながら不安になります。


今のところ経験値が最大4000もくれるということで
RTバトルも過疎化していませんが、そのうちマジで高ランクの人間しかいない
昨今のゲーセンみたいな状況になるのではないでしょうか。


・追記

 やっぱり、危惧したとおり、黒シグや赤アミ、聖夜の魔法使いなどの
 チートデッキで挑んでくる人が随分多いですね。

 向こうがチートデッキ使うからこちらも・・・となっているわけで、
 黒シグ・赤アミ・魔法使いを禁止カードにするようにしないと、
 記事にも書いたように強いカードを持つ奴が勝つことになってしまうと思います。

 私は聖夜の魔法使いの面を見ずにすむのであれば喜んで黒シグを封印しますよ。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R