忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

この美術部には問題がある!最終話感想

今まで貯めていた番組をようやく見ることが出来ました。

ポスト三者三葉として君臨した本作でしたが、1話から最終話まで文句なく楽しめました。
私の中では2016年夏アニメでナンバー1の作品でしたね。


日常モノって真面目に作ろうとすると大変苦労すると思うんですよ。
というのも、サザエさんが典型的な例ですが、日常モノでは時間の永続性が重要で、
卒業とか就職とか今の生活(日常)の終わりを感じさせるイベントを排除した上で、
登場人物たちの友情を描かなくてはいけないので、作り手のセンスが試されるんですよね。


特に美術部や三者三葉のように当初は他人だった人間同士が少しずつ仲良くなって
関係を深めていくタイプの日常モノだと、明らかに時間が流れているはずなのに、
日常の終わりを描いてはいけないので、かなり大変だと思います。

これがラブライブのような出会いと別れをきっちり表現できるタイプの作品だったら、
登場人物の卒業やグループの解散も描けるのですが、日常モノはこれが出来ないわけで、
「うまるちゃん」のように明らかに1年が経過しているはずなのに、
 なぜか主人公たちが進級も加齢もしていないという謎現象がしばしば起こるわけです。
(「プリパラ」も主人公たちが進級しない現象を起こしている)

まぁ、その辺はお約束なのでマイナスポイントにはならないと思いますが、
美術部は時間が経過していることを匂わせた上で日常がまだ終わらない時点、
部長の入試や卒業がまだ到来しない10月ぐらいの時点で最終回を迎えたので、
日常の終わりを感じさせずに、ヒロインと相手の男の子の関係の微妙な進展を描いていて
本当に良い終わらせ方をしたなと感じました。スタッフの方々に拍手を送りたいですね。


こういう作品に限って2期はないものですが、原作はまだ終わっていないようなので、
うまるちゃん同様、今後のコンテンツの進展を期待したいと思います。

何はともあれ、スタッフの方々、お疲れ様でした。


ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

ネトゲの嫁原作を読みました。

せっかくの連休最終日なので、hontoの電子書籍割引クーポンを使って
前から興味をひかれていた「ネトゲの嫁が(以下略)」の原作を読みました。

うん・・・アニメ版のスタッフがとてつもなく優秀だったと改めて感じました。
(今年の春はネトゲの嫁に三者三葉に、はいふりと良作が多かった気がします)


私はラノベは全くといって良いほど読まないタイプで、
これまでの人生でゲームのノベライズ小説を4冊ほど読んだぐらいで、
まさにラノベ!といったものはこれが初めてだったのですが・・・


媒体が映像か文章かで、ここまで変わるものなんですね。
アニメではイケメンだった主人公も、ラノベだとこうなるのか。ある意味、良い体験。


この物語って簡単に説明すると、ネトゲで結婚システムを利用したら、
相手のプレイヤー(超美少女)が学校に来て「私はあなたの嫁です!」と言ってきました、
わー困ったなぁ(棒読み)という話なのですが、アニメは上手く改変していたようですね。

特に主人公の性格が。

何だかんだで脚本家さんって偉大なんだなと思いました。
内容は同じでも口調や表現を変えるだけで印象がガラリと変わってしまう。


この小説のキモって仮にヒロインが美少女でなくても、
主人公はこの娘を好きになっただろうかという点に集約されると思うのですが、
アニメでは主人公の保護者的側面が強調されて上手く表現出来ていたんですよね。

逆に原作は彼氏としての側面が主に描かれているので、
ちょっと説得力が弱い気がするような・・・まぁ、文句があるなら読むなですね。


そう思うと途中から主人公のDQNぷりに半分困惑しながら見た「のうりん」なんかは
まさに原作をそのまま表現した作品だったのかもしれません(原作読んでないけど)


「のうりん」の主人公って、自分は筋金入りのドルヲタのくせに、
 アラサーだかアラフォーの独身女性で結婚願望が異常にある担任を小ばかにしている
 わりと畜生な奴で、自分だってオタクとバカにされているくせに未婚の女性を嘲笑する
 昨今のキモオタと精神構造がまんま同じでゲンナリしたのですが、ある意味、ラノベらしい
 主人公だったのかもしれない。まぁ、いずれにせよ、ラノベはもう読まないかな・・・

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

ダンガンロンパ未来編最終話見ました。

実質、最終話というより今週から始まる未来編へのつなぎのような回でした。
絶望編は途中から貯めているので、早いとこ消化しないとな。


天願は絶望の残党ではなかったが、黒幕だったと。う~~ん、前回、
露骨に天願が黒幕だったと言っていたので、そこは真犯人を出して欲しかったです。


苗木君に協力的で宗方を諭そうとしていた天願が、御手洗に希望ビデオを使わせるためだけに
戦友である未来機関の幹部たちに殺し合いをさせたというのは、何だかなー。

誰かが「これなら実は絶望堕ちしていたという話のほうがよかった」と言っていましたが、
私も同じ気落ちですね。まぁ、希望編はハッピーエンドで終わりそうだから期待するとしよう。



ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

タブータトゥー最終話見ました。

先々週から忙しくて録画した番組を貯めているのですが、
とりあえず視たらすぐ消す奴からと惰性で見ているタブー・タトゥー最終話を見ました。


何だかんだで最後まで見ましたが、うん。消して正解だったなという終わり方。
二期がありそうな最後でしたが、スタッフによると未定なんだとか。
何だかんだで人気のあったモン娘でさえ二期がないのだから、これはいわんや。


結局、米軍が弱すぎて敵が強く見えたということだったのかな?
ワイズマンという科学者が賢すぎてAパートでは世界を再生するとかいきまいていた小娘が
おのれー!これで勝ったと思うなよーと騒いでいたのがうん・・・まぁ・・・


ポスト『ハンドレッド』(これも非道いアニメだった)としては
申し分ないクォリティだったんじゃないですかね。私は良いと思いますよ。これ。


幼馴染が途中で死んでから、本当に価値が無くなった作品でしたね。
ポストハンドレッドというよりポスト『迷家』だったと思います。

竜頭蛇尾という言葉が実に似合う作品。
設定よし、バトルよし、キャラよし、でもストーリーが凄すぎました。

こうしてみると、ポストモダンがどうたらこうたらと言ってみたところで
やっぱり、ストーリーって大事ですよね。日常ものもしかり。


とはいえ『あまんちゅ』とか『ねじまき冒険記』とか
貯めた末に見るのが面倒くさくなってそのまま消した作品を思えば、
結構、健闘したアニメだったかなと思います。途中までは良かったからな。途中までは。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

ラブライブサンシャイン11話感想

ここに来て神回が来ました。最後のライブも良かったです。


前回同様、無駄なシリアスを挿入することなく、気持ちの良い終わり方を見せてくれました。
前回、今回と良回が連続していて、ここに来てサンシャインの評価も上がるのでは?
と思います。

私がずっと気にしていた「スクールアイドル(μ’s)の神聖視」に対しても
「スクールアイドルは普通の娘たちが集まって奇跡を起こすものだ」という回答があり、
ホッとしました。数話前までクラブ活動ではなくてスポーツ大会になっていて不安だったのです。


スクールアイドルってどこまで行ってもアマチュアというかインディーズなのに、
なぜか前回までプロのように描かれていて、えらくやきもきしていたんですよね。


サンシャインもとうとう、あと2話で終わりますが、
この調子なら変なシリアスなしにスカッとするエンディングを迎えられそうです。




ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R