忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

今期アニメも終盤に

7月に始まった今期のアニメも残すところ、あと2~3話。あっという間でした。

去年の夏(うまる、のんのん、学校ぐらしetc.)から怒涛のアニメラッシュだったところ、
今期はわりと見るものが少ない・・・と思っていたのですが、何だかんだで結構見ていました。


以下、ちょっとした感想を列挙。


〇この美術部には問題がある!

 ラノベのようなタイトルでありながら、中身は日常もの。
 三者三葉難民が行き着く先がここだと思う。

 この手のアニメにありがちなハーレム要素はなく、
 部活動も意外と真面目にやっている。

 一見、変人に見える登場人物たちが結構、常識的なのでイライラしない。


 これと逆なのがよくある原作ラノベ・オリジナルの作品で、
 主人公たちが常識人ぶりながら先生に対してため口を聞いたり、
 ヒロインに対して割と畜生なことをしている主人公が視聴者ふくめ
 周囲の人物に好かれる・・・というより崇拝されているので、見るのがつらい。
(それゆえ、途中で視聴をやめる)





〇クォリディア・コード

 無能がぁあああああっ!!!!
 が口癖の無能主人公を差し置いて、千葉県出身の兄妹が大活躍する良作

 特に兄のほうが凄くカッコ良い。妹も可愛い。そしてお互いにブラコン&シスコン。
 言うことないですね。

 1話で主人公の暴言吐きまくり・調子こきまくり・でも周囲は崇拝しているという
 ウンザリするぐらいのラノベ設定だったため、速攻でHDDから消したのだが、
 2話以降から千葉兄妹が目立ち始めたので何だかんだで見てしまった。

 物語も結構、有りがちながらよく練られたストーリーが展開されており、普通に面白い。
 そういう意味で評価がひっくり返った作品。


〇アンジュ・ヴィエルジュ


 少々、タイトルが覚えにくい原作ソシャゲのアニメ。

 管理人一押しの作品である。


 話自体は、5つの平行世界を衝突・消滅させようとする謎の侵略者ウロボロスと
 世界の接近が原因で超能力に目覚めた各界の少女との死闘を演じたもの・・・なのだが、

 未来日記やビック・オーダーで脚本・シリーズ構成を担当した
 高山カツヒコ氏が同作でも脚本・構成を任されているせいか、

 ・毎回、入浴シーンがある。
 ・というよりも、話の大部分が入浴シーンである。
 ・敵に洗脳された原作キャラたちが総じてヤンデレ・ガチ百合になる。
 ・洗脳を解くとなぜか服が破ける。
 ・敵側も常に入浴。
 
 といったツッコミどころ満載のギャグアニメと化している。


 高山氏の作風は、ギャグめいた演出が全体を占める一方で
 感動できるシーンは感動できる(これが出来ない作品は割とある)といったもので、
 本作でも基本的に風呂→バトル→風呂といった流れであるものの、
 真面目な部分は結構、真面目でそのせいで初期はシリアスものだと勘違いする者もいた。


 


〇ベルセルク

 原作同様、徹頭徹尾、シリアスな作風で、まさに乱世を描いた作品。
 黒沢明の映画が好きな人は偉く気に入るかもしれない。エログロ豊富なので見る人を選ぶ。

 実はフルCGアニメで、そのせいでオタクたちの評判は悪い。
 私はCGでここまで絵が描けるようになったのかと感動しているのだが・・・

 (3年ぐらい前までは本当にチャチな出来だった。去年から急激にレベルアップした印象)



〇New Game!

 社畜アニメの仮面を被った百合アニメ。
 親友の大学生がバイトとして会社に来てから俄然、面白くなった。

 間違っても、このアニメを見てゲーム会社に就職しようと思ってはいけない。


〇ダンガンロンパ未来編&絶望編


 今作も私の一押し作品。
 原作ゲームのアニメだが、ストーリーは完全オリジナル。
 原作は推理モノなのだが、今作では純粋にサバイバル・サスペンスとして仕上がっている。
 
 岸誠二氏が監督を務めているためか、OPやEDがえらくオシャレ。
 話も面白く、迷家の終盤の糞展開に傷ついた私のハートを癒してくれる。


〇レガリア

 4話でいったん、放送が中断されてしまったが、
 戦闘シーンがかなり凝っていて見応えがある。ローゼンメイデンが好きな人にお勧め。

 
〇タブー・タトゥー

 同じく戦闘シーンが見ものの作品だったが、ある敵の命を奪わず、見逃してやったところ、
 次の戦闘で、そいつが主人公の幼馴染を殺すという凄い展開になり、見るのをやめた。

 最新話では敵側(なぜか美少女ばっかり)が水着を着て楽しそうに遊んでいるらしい。
 もう好きにしろといった感じ。



〇ラブライブ・サンシャイン

 言わずもがな。面白いことは面白いのだが、展開がやや雑で、
 CDドラマやゲームのAqoursが好きなこともあり、絶賛はしていない。

 少しずつ原作に近いキャラになりつつあるが、
 ラブライブは終盤がおかしな展開になるのがテンプレなので期待はしていない。



こんな感じでしょうか。

これにマクロスやジョジョも見ていて、全体を通してみると
割と男女隔たりなく楽しめる作品が多いんじゃないかと思います。


去年の夏と比べて小粒ぞろいですが、それでも結構楽しめる作品が多いと感じます。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

ラブライブ10話を見ました。

ダイヤさんが急激に間抜け化しましたね。これでいいのだろうか?
でもヨハネが可愛かったので問題なし。


マリーも先々週までの凛とした理事長としての顔はすっかりなくなっていました。
今まであまり接点なかったのに、すっかり千歌たちと打ち解けていましたね。

まぁ、元々はこういう明るい娘で理事長なんてやらないキャラなので良かったと思いますよ。
ヨハネも「善子」と言われて「ヨハネ」と訂正していましたし、
ここに来て原作寄りに修正されているような気がします。



海未ちゃんが作ったあの練習スケジュール表、作っただけで実践していないのですが、
千歌たちは「こんなハードな練習するμ’s凄い!」と感心していました。


まーたμ’sの神格化ですか・・・と悪態つきたくなるぐらいアレな演出。
脚本担当の方は毎週、μ’sを崇拝させないとダメと言われているのでしょうか?


1期のことり留学を思わせる梨子のピアノコンクール出場でしたが、
ことりとは違って、千歌が背中を押してあげる形で出場することになりました。


必死に嫁力をアピールする曜を放置して、
真夜中にデート→告白をするちかりこ。これは刺されますわ。


そんな曜ちゃんが主役になるであろう11話。
どうでもいいですが、これってちゃんと終わるのでしょうか?
あと3話でラブライブ予選と梨子のピアノコンクールを描かなくちゃいけませんよ?



今のままだと「最終話で予選突破→戦いはこれからだ!」ぐらいしか
綺麗に終わらせられない気がするのですが・・・(汗)

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

やっぱりダイヤさんの言動はツッコミを受けていたか

【雑談】結局、黒澤ダイヤ様はなんで反対してたの??【ラブライブ!サンシャイン!!】



やはりアニメ版ダイヤさんの言動のおかしさには他の視聴者も気づいていたのか…
果南がスクールアイドルをやめた理由が明らかに変更されたことで
アニメ序盤と後半との間で内容の齟齬が生じているんですよね。


ダイヤさんがスクールアイドルに反対していたのは
「家庭の事情で果南が部活を続けていられなくなったから」或いは
「東京でライブする直前にマリーが転校して続けていけなくなったから」だとすれば、
ダイヤさんが頑なに千歌たちの活動に反対したことにもすんなり納得がいきます。


まぁ、それだとダイヤさんが我がまますぎますが、
チーム解散の理由がマリーの転校だとすると果南が憎々しげに小原家のヘリを眺めていたことや
マリーの突然の帰郷に二人が渋い顔をしていたことにも説明がつくわけです。


マリーは原作からして自由奔放な性格で周囲を巻き込んで騒動を起こすタイプですから、
「勝手に転校しておきながら、いまさら何しに来た」と不満げな顔をするのもわかります。


どうもアニメでは途中で設定が変わったような印象を受けますね。
そのため、他の人のコメントを借りれば、

「前回で、圧倒され歌えなかった私達と
 同じ目にあって欲しくなかったから反対していたのですわと
 あれだけシリアスに言っていたのに
 今回で急にそれがわざとだと判明するなんて混乱せざるを得ない」


「ダイヤさんの軌跡

 アイドル活動に反対のふり
→千歌達にグループ名を与える
→妹をアイドルに
→東京行きを反対する演技(鞠莉を騙す為部屋にも浸入)

⇒全ては千歌達の成長と、3年生復縁の為」

ということになってしまっていて、前半の彼女の言動は嘘or演技だった
ということで解釈しないと訳が分からなくなる状況になっているわけです。


まぁ、そうなると妹のルビィにすら不機嫌な態度をとり、
スクールアイドル関連の雑誌をしまえと言ったのは何だったのとなりますが、
まぁ・・・脚本の花田さんが後先考えていなかったからだとしかコメントしようがありませんね。


基本的にラブライブはノリと勢いで突っ走って視聴するものだと思いますが、
1期の頃からあった強引な展開がここに来てまたあったなとちょっと不満に感じた次第です。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

くまみこの最終話が書き換えられるらしいですが・・・

この手の作品にしてはマラソンをさせず、一挙にBDボックスを売っているらしい。
内容が書き換えられて、最終話はバッドエンドからハッピーエンドへと変わっているようです。

まとめサイトでは、絶賛の嵐になっているのですが、個人的には「えぇ・・・???」です。

やっぱりほとんどの性格の悪い視聴者って原作ラノベのアニメを
「テンプレwwww」とバカにしながら、かといってこういうテンプレを破る作品を出されると
手のひらを返して猛然とバッシングに走るんですかね。あの最終回だからいいんじゃないか。


まぁ、アニメ版の最終回は原作者も抗議したので、
「しかたねーな」というノリで作り直したんでしょうね。

それは悪いことではありませんが、日ごろ、推しの作品を持ち上げたいために
他の作品を「ありがちな設定」とボロクソに言っているまとめサイトの有り様を見ていると
正直、この半ば屈するような形でリメイクされた最終話についてはあまり良い気分はしません。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

先ほどサンシャイン9話を見ましたが



ようやく9人が揃いました。案外、あっさり加入してくれましたね。
結局は面倒くさい彼氏(果南)と彼女(マリー)の痴話げんかだったわけか。

今日のスクフェスのアニメ放送記念ボーナスの画像がマリーだったので
3年生組が主役だと予想していましたが、1話で終わるとは思っていませんでした。

でも、妙に引っ張るよりはこれぐらいでいいのかもしれません。

アニメ版果南は強情というかマリーに対してのみツンデレでしたが、
素の状態はやっぱり原作と同じ優しい娘で、なんだかホッとしました。

ヨハネも前回から善子じゃなくてヨハネというファンおなじみのセリフを言っていますし、
これから何人かのキャラは少しずつ原作に近い性格になっていくのかも?

新曲も良い感じでしたので、シングル第2弾は買ってみようかなと思います。
ジャケットにヨハネいるしな。

・8月29日追記

 冷静に考えれば、これまでの描写と矛盾する内容でしたね。
 東京の大会に出場したら会場の空気に呑まれて歌えなくなったというこれまでの説明から一転、
 直前にマリーがケガをしていたので棄権した、マリーの進路を考えて解散って全然違うじゃん。

 ダイヤさんが頑なにスクールアイドルを否定していたのもなかったことのようになっているし、
 ルビィに対して「それ(スクールアイドルの雑誌)嫌いだからしまって」と
 めっちゃ不機嫌な顔で言ったのは何だったんだろうか。ふーむ。

 前のクールで放送していた『迷家』もそうでしたが、視聴者を欺こうとして
 これまで描写した内容と矛盾する展開にしてしまうパターンじゃないかなと感じます。

 サンシャインは考察不要・演出ありきの作品だから特に問題はありませんが、
 迷家は本当に「ふざけるな」といいたくなる展開でしたねぇ・・・

 推理やホラーものでこれまで読者(視聴者)に提供された情報が偽で、ネタ晴らしと同時に
 本当の情報をもとに主人公がドヤ顔でなぞ解きするのって不快でしかないんですよね。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R