忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

ららマジをPRしてみる


連日の石のセールと
ステップアップガチャが功を奏したのか、
久々にららマジが100位以内にランクインしました。



私も8千円、ドブに捨てたよ!






今まで何本か関連記事を書いてきましたが
正直、これを読んで遊んでみようと思う人は
絶対いないだろうなと反省した今日この頃。










というわけで、ざっとどんなゲームなのか
極力、ネタバレなしでPRしました。


こういう人には向かない

というのを意識して書いたつもりです。








Q1 どんな人にお勧めなの?


A1 

すでに遊んでいるソシャゲがあるけど、
最近マンネリ気味で別のゲームもしてみたいなー

という人に向いていると思います。


〇シナリオ重視

〇戦闘が簡単


が特徴的で、敵を倒しながら
ストーリーを読みすすめていくゲームです。


taizaii_s

『7つの大罪』とか『黒執事』とか
『SAO』や『冴えカノ』を手掛けた

アニメ制作会社A1ピクチャーズが
制作に関わっている所からもわかるように


ゲームというよりは
漫画やアニメに近い作品です。





ですので、

作品の世界観やストーリー、
キャラクターがちょっと合わないなー

と思う人は多分、凄くつまらないと思います。







キャラゲーとも違っていて、

とりあえず可愛い女の子を大量にぶっこんで
躍らせておけばええやろ


という類のものではないです。


(こう言っちゃ悪いが、デレステは
 かなりストーリーが雑ですね・・・)





普通、ソシャゲって

新人~中堅の絵師さんを複数雇って
カードのイラストを描かせていて








その場合、得てして
無駄にエロい絵になりがちなんですけど


ららマジはアニメーターの飯塚晴子氏が
全てのイラストを手掛けています。

(FGOは成人ゲームを手掛ける会社が
 運営しているので仕方がない部分もある)





作品の世界観を統一するために
絵師さんを一人に絞っているんですね。

そういう点でもソシャゲよりも
コンシューマゲームやノベルに近い。


据え置きのゲームが好きな人は
わりと気に入るかもです。





シナリオはゲームやラノベで
ライターを務めている西村悠さんが担当しています。


西村悠

切ない甘さが魅力
シナリオライター西村悠の作品・まとめ




乙女ゲーを多く手掛けた方であるせいか
あんまりラブコメ的な表現はないです。







特に何もしてないのに
周りの女が勝手に崇拝してくれる


幼馴染の巨乳で家事や料理が得意な
美少女を小間使いのように扱うけれど、
その娘は主人公のことが好きでたまらない


普段はぞんざいに扱ってるくせに
お前は俺にとって大切な存在だ的な
調子のよい台詞を平気でほざく



といった
男性読者なら許してくれるのかもしれないが
女性からすれば今すぐ死ねと言いたくなる

ような主人公が肩で風を切って歩く
ハーレムラノベものを
期待するとたぶんガッカリします。


「角川 彩雲国」の画像検索結果

どちらかというと



女性対象のラノベに登場するような

とにかく献身的で
謙虚で 腰が低い主人公で、


夏休みの間中、
自分の自由時間を削って器楽部員30名の
宿題の手伝いに奔走しているような人物です。

(マジでそういうことをしている)



そういう純朴な男性が嫌いな人は
主人公に感情移入も共感もできないので

開始後10分で飽きると思います。






うまるちゃんのお兄さんみたいな
女子力が異常に高い男子が苦手な人には
ちょっと勧められないですね。

土間タイヘイ


逆に、そういうキャラが好きな人は
主人公のことが好きになるはずです。









以上、俯瞰してきたように
一見、よくありがちなギャルゲーなのですが
実際にはキャラクターの心情描写を重んじた
シナリオを売りにしたADVゲームなので


過程をすっ飛ばして
女の子とイチャイチャする所だけ見たい人にも向かないし
まどマギや進撃の巨人のような殺伐とした世界観を
望む人にも向かないです。

結構、ほのぼのとしているので。)





エロは一切ありません。

水着ガチャすら存在しません。


(一応、待ち受け画面で
 女の子にタッチすることは出来ます)


せいぜいサンタコスぐらいですね。


何だろうな・・・

プリキュアほど子供だましではないが、
まどマギほどシリアスでもない。


人は一切死なないし、
敵はプリキュアの悪役並みに弱いし
戦いよりも学園の生活の描写がメインな感じです。





なので、
好き嫌いがハッキリ分かれると思います。


好きな人はめっちゃ好きだが、
嫌いな人は全然面白くない。そんな感じ。



ゆるい作風の漫画が嫌いな人、

響けユーフォニアムは好きだけど
けいおんは死ぬほど嫌いって人はもう駄目かと。


逆に登場人物全員が善人で
部員同士の交流を見てほんわかしたい人は

暇つぶしに2章まで遊ぶことを強く薦めます。





この娘がメインを張る2章まで
試しにやってみて、つまらないと思ったら

アンインストール。それでいいはず。






先述したようにバトルは簡単な部類です。

イベントによっては
タイムアタック、ハイスコアを狙うための
高難易度のステージが用意されています。


各キャラごとに別々のモーションを取るので
意外と奥が深く、☆4だけで高難易度のクエストを
クリアするという縛りプレイも出来ます。


(このゲームのレア度は☆2から☆5まで)





ラブライブほどシリアスはないけど、
ゆるゆりみたいにギャグばかりでないという

なかなか難しい立ち位置にいる作品。

でも、基本的にはライトでハッピーエンドな話です。



万人向けというよりは
ファン達がTwitterとかで
キャラ語りしたりイラストを描いたりして
わちゃわちゃ楽しんでいるような作品です。


実際にコミケに出店したり、グッズ販売もしています。
近いうちにファンブック(第2弾)も刊行されるらしい。



スクフェス商法
(1枚絵を2枚に分割してレアカードを引かせようとする)

ぷよクエ商法
(セールと称して連日、ちょっとだけお得な石を売りつける)


をするだけでセールスランキングが100位以内に入る
ぐらいの人気はあるので、気が向いたら遊んでみてくださいね。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R