忍者ブログ

ぷよクエ道場

ぷよぷよクエスト・スクフェス・デレステの日記

ソシャゲ崩壊?論1



最後なんだから
真面目なことを書こうかなーと。


いやねぇ・・・
自分、あと何年ぷよクエやってんのかな
とふと気になったのですよ。



ネサフをしていると
「〇〇のガチャ最悪!
 サービス終了も間近だな」という
駄文が散見されますが、個人的には


もう少しマクロ&
ミクロな視点
から見ないと

ソシャゲの将来については
語れないんじゃないの?



と思うんですよね。

















単にぷよクエとかデレステとか

そのゲーム単体の将来について
あーだこーだ述べるよりも


ソシャゲ市場全体が
どのようなうねりを持っているのか


簡単に言えば
ソシャゲ自体があと何年持つか

という点を考えないと
ただの愚痴で終わる気がするんですよね。





もう一つは

市場の推移をみるだけでなく
ソーシャルゲームというものが
必然的に内包する矛盾について
考えないといけないだろうなと思います。


簡単に言うと、ソシャゲには
~~という特徴があるから
必然的に〇〇になる傾向があるよ

という指摘が欲しいって感じですか。




ぷよクエとかデレステの
ガチャとか運営の不満を吐露する
というのも精神的に必要かもしれないが


まー・・・批判っていうのは
もう少し多角的にするべきもので

みんながやってることをやるのは
意味がないんですよね。あんまりね。

新しい視点を与えるのが大事。




というわけで、この記事では

ぷよクエがあと何年持つかではなくて

ソシャゲは いつ終わるのか
ソシャゲが抱える致命的な欠陥は何か

という点を考察し、その後に
演繹的にぷよクエがどうなるのかを
占ってみることを目指しました。


研究とか推察ではなく
読みものなので肩の力を抜いて
読破できるようにしたつもりです。

たぶん、学生以上の読者には
そこそこ楽しめるんじゃないかなと
思います。









スマホゲーム市場のブラック化
主要企業の75%が減益・赤字



早速、本題に入りますと
ソシャゲは売れなくなっています。

これはデータがきちんと示しているのね。


代わりに据え置きゲームの人気が復活していて、
任天堂やカプコンのような据え置き中心に
経営を行っていた企業が軒並み勝っている


というのが現在の状況です。







確かにカービィやデビルメイクライの
最新作を見るとレベルの差を感じるので


上の点を根拠に
ソシャゲの天下もおしまいじゃー
という意見が流れてくるのは無理もない
かなーと思わなくもない・・・


・・・そうなんですけど、
じゃーただちに崩壊するかと言えば
そうでもないだろうというのが私の意見です。


(なので、この記事のタイトルも
 崩壊論ではなく崩壊?論にしています。
 はてなマークが超重要)






これは、
あらゆるゲームに言えることですが

新しいハードが登場して、かつ、
それが普及した時にソフトって死ぬんですね。

ファミコンソフトが消えたのは
スーファミやPSを皆が持つようになった後だし

ガラケーのゲームも、みんなが
ガラケーではなくスマホを使う様になってから
サービスが続々止まっている。


これらの過去の例を踏まえると、

スマートフォンに変わる
次世代通信機が普及するまでは

何だかんだで
ソシャゲは生き延びている


という予測が立てられるわけです。


(逆に言えば、
 スマホ以上に便利な機械が出来たら
 ソシャゲは簡単に死滅する)




ぷよクエも
この大きな波の中にいるわけで

売り上げ自体は
以前より縮小していて

定期的かつ短期的に
コラボガチャを設けることで
経営を維持しているようなふしがあります。





ただ、それがただちに
サービス終了の予兆になるかといえば
そうでもなく、

なんだかんだでしぶとーく
続いているだろうなと予感させるのは


ポッと出のセーラームーンに
いきなり声がついたり
高性能のスキルがつく一方で


既存のキャラが
あいも変わらず冷遇されている
この現状に対して


普段ぶつくさ文句を言っている連中が
キレるかなーと思いきや、逆に

その大半がご丁寧にガチャを回して
「〇〇連で当たっちゃいました~」と
うかれているチョロイ
様子を見ているからでしょうか(汗)




まー、それはともかく

Amazon版のぷよクエは
すでにサービスが終わったじゃないですか。


あれはぷよクエが
糞だから終わったのではなく

Fireという機種が
もう時代遅れの産物になったから
に他ならないんですよね。


スペックからして
IPhoneはもちろん、最新のAndroidの機種
に全然追いつけていませんでしたからね。




なので、Androidに変わる
コンピュータ言語が開発されたり

IPhoneなど目じゃないレベルに
凄まじい機種が登場したりして


みんながそっちのほうを使うように
なったその時には、ぷよクエも終わるだろう
なーと。そう思うわけです。


それまでは、どんなに糞みてーな
ガチャやイベントを作られても

ある程度の人間は
課金しながらついてきてくれるので

縮小こそすれ終わりはしないだろう
細々と続いていくだろう


こういう見解を立てているんですね。





とまぁ、こんな感じに
小難しいことを書いていくつもり
なのだが、はたして大丈夫なのだろうか。


もう少しわかりやすい話をしろと
怒鳴られはしないだろうか。






いや、私も

よく花丸を当てると書いているけど
実際にはどうなのだろうか、

実はヨハネもそこそこ引けている
のではないかというのが気になって

両者のカード所持数を
比較してみたんですけど




そんな記事を書かれても
それこそ皆興味ないだろうなーと。

これでもいろいろ考えているのですよ。



で、後半では
ゲームを根底から支えるものは何か

ギャンブルで何よりも求められるものは何か

という問いからスタートして


結果的に
最近のソシャゲはそれらを放棄している


だから、必然的に飽きられるんだ


ということを書こうかなと考えています。




結論を先に言うと

ゲームやギャンブルで
最も大事なのは

公平性


なんですよね。


その公平性というものが

①ガチャの導入や

②天井、石の安売りの登場

にともなって消えて行っているので
必然的にソシャゲは縮小せざるを得ないんだ


ということを主張しようかと考えています。
興味ある人は呼んでくれると嬉しいですね。




ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
鬼柳さん
性別:
非公開
自己紹介:

ぷよぷよクエストランキング

ランキング参加しました。
記事が気に入ったら、押して頂けると嬉しいです。

原則として、毎月

ぷよクエ → 240~1760円
スクフェス → 0円
デレステ → スカチケのみ

で遊んでます。

好きなものは「勝利という名の美酒」、
嫌いなものはネトウヨとユーチューバーです(笑)

ブログ内検索

画像RSS

P R